結婚のケーキ

500万円以上の年収の婚活パーティーに参加して

婚活でこんなにも豊富に希望にあったジャンルが選べるとは

初めて婚活パーティーに参加した時には「こんなにジャンルがあるのか」と驚きました。 155cm以下希望、田舎暮らし希望、熟男希望、など、オリジナリティーがあるなと思いました。それだけ今は結婚に対して細かい要望を持っている人が多いのだなと思いました。 昔のお見合い婚と違って、就職先を選ぶようなシステムだと感じました。転職サイトを利用した時に色々条件(駅近・教育制度あり・未経験OK、etc)を入れて探したことはありましたが、まさにアレのような感じでした。 希望の条件は色々ありましたが、とりあえず年収は気にしたいなと感じていました。母がお金のことで泣かされたという経験があったので、見た目や性格だけで判断できないと思っていたからです。 選んだのは、年収500万円以上の男性が集まるパーティーです。本当は600万円くらいあると良いかなと思ったのですが、こちらの年齢が29歳ということもあり、あまり高望みはできないと思っていたからです。 むしろ、今の時期を逃してしまうと30代の大台に乗ってしまうということで、結婚には焦りを感じていました。

ある程度、希望そっているので話が早いですが

当日になり、会場で集まった顔ぶれを確認しました。ざっと確認したところ、自分より年齢が高そうな男性ばかりで、中には50歳を超えているなと思われる方もいました。 こちらの希望としては、収入、性格、顔、の順で優先させたいという気持ちがありました。顔が良い方が良いとは思っていましたが、それが叶わないのであれば性格を優先させたいと考えていました。 本当に年収500万円以上なのかと最初は疑問でしたが、全員とトークをしていくうちに、職業が安定している方が多いことがわかりました。教師、薬剤師、個人の会社経営の方、銀行員、などそれぞれバラバラでした。 一番年齢が近いと感じたのは、35歳の教師の方です。高校の数学教師ということで、教師を熱心にしているうちに婚期を逃してしまったという話でした。

年代限定の婚活パーティーを体験してきました

30代に入ってから、親や親戚から結婚について色々言われるようになりました。早く孫の顔が見てみたいという親の願望は随分前から聞いていたのですが、私自身結婚願望はあっても出会いがなかなか無かったのです。日頃の職場は男性ばかりですし、合コンをするにももうそのような年齢ではありません。ですがさすがに私も焦ってきていたので、いよいよ本腰を入れて婚活を始めることにしました。

婚活について調べていくと、結構頻繁に自分の生活圏で婚活パーティーが開かれていることを知りました。中でも気になったのが、同じ年代の人と確実に出会える年代限定婚活パーティーというものでした。もちろん30代の人たちを対象にしたものもあり、他には特定の職業限定や特定の出身地限定というのもありました。これまで全くの無知だった私は本当に驚きましたが、同時に参加してみたいという意欲がどんどんと出てきたのです。意欲が出始めてから実際に参加するまでは、あっという間でした。こうして私の婚活は、スタートを切りました。 婚活パーティー当日、タキシードを着用して会場へ向かいました。受付では相当緊張しており、記名するときにも手が震えていたかもしれません。会場はリゾートホテルの中にあったのですが、自分は場違いなのではと何度も思いました。想像以上にゴージャスで圧倒されたのは、まだ記憶に新しいです。しかし参加者全員が同じ年代というのは、妙な安心感がありました。皆さんやはり落ち着きのある方たちばかりで、同じ目的を持ってそこへ来ていることから親近感も持ちやすかったです。あまりに年が離れていると話が合わないかもという不安もありますが、こういった年代限定のイベントなら全くその心配も無用で魅力的に感じました。

婚活パーティーが始まると、いきなりフリーで好きな人と話せる時間が与えられました。この開始直後の動き方で、それぞれの慣れや不慣れがよく見て取れました。私も当然不慣れな側の人間ですので、何の前触れもなくフリートークの時間になったのには困りました。ただ私と同じように戸惑った様子の女性も何人かおり、勇気を出して話し掛けてみたのです。

婚活初心者同士は仲良くなれやすいと聞いていましたが、私の場合現実にそうでした。同じような境遇の女性に話し掛けてみると最初は相手も緊張していましたが、徐々に解れてきて会話が楽しくなってきました。年が近いことが前提にあるおかげで時折タメ口が混ざったりもして、距離を縮めるのは意外と簡単でした。私たちが話していると周りにいる孤立状態だった他の参加者も入ってきてくれたりして、非常に楽しいフリートークをすることができました。

さすがに全員の女性と満遍なく話すのは難しかったです。フリーの時間が終わると次は個人を指名して一緒に過ごす時間がやってきて、私は一番初めに話し掛けた女性を指名させてもらいました。相手も快諾してくれたのですが、そのときの笑顔にキュンとなりました。きっとこのときには心を奪われていたのだと思います。30分くらい一度も途切れることなく会話は続き、指名によるトーク時間は全てこの女性に費やしました。どうやら年齢も同じ年だったようで、学生時代に流行ったことなど思い出話も次々にできて最高の時間となりました。

婚活パーティーの最後には紙に一番気になった相手を記入し、そこでお互いに名前が書かれていればマッチング成立という形でした。結果は言うまでもないでしょう。私はずっと長く話していたその女性と、晴れてカップルになれたのです。無論深い交際はこれからもっと相手を知ってからではありますが、しばらく女性と無縁の生活を送っていた私にとって久々の喜びでした。婚活パーティーがこんなにも楽しいとは思わなかったです。もしもこれから参加しようか検討している方がいれば、是非とも年代限定のパーティーに参加してみてほしいです。

pagetop